現在位置
ホーム > サポート > 2013年 7月 2日

サポート

大日本印刷社製 ICカード 再転写型プリンター印刷時の注意事項について

2013年 7月 2日
株式会社ローレルインテリジェントシステムズ

拝啓 時下ますますご清栄の事とお喜び申し上げます。

平素は、FSS®(File Security System)製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

さて、FSS®基本パッケージにて採用しております大日本印刷社製ICカードについて、供給元の大日本印刷株式会社より、再転写型プリンターでの印刷について通知が当社にございましたので、お客様にご案内いたします。


対象ICカード

今回対象となるICカードは、2013年05月より出荷させて頂いている、大日本印刷社製ICカード(Std9V5)全てとなります。
以前より出荷させて頂いている大日本印刷社製カード(Std9V2)では、発生いたしません。
該当カードのチップ形状と裏面右下の刻印情報は以下の通りであり、目視にて判別可能です。

大日本印刷社製カード
カード裏面の右下に[D1]刻印

事象について

大日本印刷社製ICカードを再転写型プリンターで印刷した際、設定によりICチップ裏面において若干の凹凸が生じる。
※ ダイレクト型プリンターでは、印刷時の温度が再転写型に比べて低い為、発生しないようです。

印刷前 高温設定印刷時

FSSご使用環境への影響について

影響について

ICカードの強度及びICチップの機能として使用上の問題はございません。
その為、ご使用環境への影響はございません。

ただし、カードの厚さが変わるほど変形してしまった場合、ICカードリーダー・ライター故障の原因となる場合がございますので、ご使用にならないようお願いいたします。

また、大日本印刷社より本現象につきましては、初期不良ではなく通常仕様である旨連絡が来ている為、大変申し訳ございませんが、印刷時変形されたカードにつきましては、初期不良として交換依頼はお受けいたしかねますので、予めご了承ください。


対応方法について

カードプリンターソフトの設定値を以下の内容に沿って変更し印刷をお試しください。

再転写設定

プリンターメーカー推奨設定値を使用ください。
凹凸が気になる場合は、推奨設定より速度を上げてお試しください。
(JVC製 CX-330をご使用の場合は、[温度] +1 / [速度] +2 設定でお試しください。)

反り矯正設定

プリンターメーカー推奨設定値より温度を下げて設定ください。
凹凸が気になる場合は、設定温度をさらに下げてお試しください。
(JVC製 CX-330をご使用の場合は、[温度] -3〜-5 / [速度] ±0 設定でお試しください。)


本件の対応として、ご希望のお客様へ再転写型プリンターテスト印刷用にカード5枚(ライセンスなし)を無償提供させて頂きますので、ご使用のプリンターメーカーと型番を添えてご依頼ください。
可能であれば、サポート情報拡充の為、印刷が出来た際の印刷設定もお知らせ頂けますと幸いです。


PDFファイルのダウンロード


本件に関するお問い合わせ

商品をご購入頂いております販売店様もしくは、下記までお問い合わせください。

sales@lis-fss.co.jp

  • ※Microsoft、Windows、Vistaは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • ※FSSは、株式会社ローレルインテリジェントシステムズの登録商標です。
  • ※この他、記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

※記載された製品の仕様・機能・サービス内容などは発表当時のものです。予告なく変更させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

前のページへ戻る

ページ上部へ