現在位置
ホーム > ソリューション > FSS®スマートシリーズ > FSS® SmartCipher®

FSS®スマートシリーズ

FSS® SmartCipher® - ファイル暗号化

特長

簡単な操作で暗号化・復号できます

文書、電子メール、表計算、画像、ムービーなどファイルタイプやサイズにほとんど制限されず、PC上のあらゆるファイルを暗号化することによって保護します。※サイズが4GBを超えるファイルは暗号化できません。

SmartCipher®ウインドウにドラッグ&ドロップする、またはコンテキストメニュー(マウスの右クリック)から簡単&スピーディーにファイルの暗号化や復号化を行うことができます。

操作イメージ

  • 暗号化したファイルを参照・更新したい時は、ダブルクリックするだけでアプリケーションが起動。
  • 更新があった時は、上書き保存する際に再度暗号化。
  • 複数ファイルを同時に指定することもできます。
  • フォルダを指定した場合は、その直下やサブフォルダ配下全てのファイルをスピーディーに暗号化。
  • Microsoft® Officeファイル(拡張子:doc、ppt、xls、mdb)および、Adobe® Acrobat® ファイル(拡張子:pdf)を暗号化するとそれらを表示する専用アイコンとなり、ファイルの識別が容易です。
  • 電子メール本文(平文)も簡単操作で暗号化、復号できます。
  • ファイルの暗号化と同様の手順で、ファイルの圧縮+暗号化も可能で、バックアップなどにも便利で安心です。
  • 自動暗号化フォルダを指定することによって、中のファイルを随時自動暗号化、ログオフ時に自動暗号化、ログオン-ログオフ時に自動復号、暗号化するなども可能です。
  • 暗号鍵とパスワードは、解析、偽造、複製などが極めて困難なICカード(スマートカード)に格納しており安全です。
  • ICカード(認証キー)内には暗号化/復号するために4つの区画[標準エリア]を持つことができます。1つの区画[標準エリア]において、1個の個人キーと最大9個の共有キー(共有キー0〜共有キー8)を所有することができます。(4区画[標準エリア]で最大36個の共有キーを所有できます。)これにより、共有キーの付与個数と職務上の権限をリンクさせることによって、暗号化ファイルに対する階層的なアクセスの管理、およびグループ管理が行えます。
  • 暗号にはISO(国際標準化機構)に登録された、高速暗号アルゴリズムSXAL/MBAL®を使用しております。
  • 上書きによる完全削除機能により、暗号化した後の平文ファイルを完全に抹消し、削除ファイルの復活を不可能とします。

機能

平文消去

暗号化すれば、元の平文ファイルのデータを全て自動的に乱数キーで暗号処理してから削除するので安心です。

メール添付

圧縮暗号化したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップするか、右クリックするだけの簡単操作。

テキスト暗号

  • メール本文などプレーンテキストの絶対に見られたくない部分のみを選択して、暗号化することができます。
  • 範囲を選択し、[Ctrl]+[E]キーを押すだけで暗号化された文字列に変わります。
  • 復号時は、全文(すべて選択)または暗号化部分を選択して、[Ctrl]+[R]キーを押せば、元の文章が表示されます。

閲覧権限の階層管理

  • 共有キー(暗号キー)を職位別や部署別に定義しユーザーごとに設定することにより、様々な閲覧権限の階層管理が可能。
  • 階層管理・部署別管理などが容易に可能です。
  • ICカード(認証キー)内に9種類のキーが格納可能なエリアを4区画[標準エリア]確保しています。
    ※共有キーの設定は自由に行えます。
  • どの「キー」でファイルに鍵をかける(暗号化する)かが簡単操作で行え、そのファイルは同じ共有キー(権限)を持った人(ICカード)のみが開けます。(PC単体レベルでの管理が可能)

指定フォルダの自動暗号化

SmartCipher® Managerにより、あらかじめ特定のフォルダを暗号化フォルダとして設定できます。

ログオフ時に暗号化 フォルダ内に移動・保存するだけで、ログオフ時に自動的に暗号化します。(ログオン時に自動的に復号、ログオフ時に自動的に暗号化する設定も可能)
リアルタイムに暗号化 フォルダ内に移動・保存するだけで、随時暗号化します。

ローカルディスク対応版です。ファイルサーバ対応についてはSmartCipher® for FileServerをご利用ください。

  • ※製品の仕様および機能は、改良のため予告なく変更させていただく場合があります。
  • ※詳しい仕様・機能・制約条件等については、販売先までお問い合わせください。
  • ※Microsoft、Windows、Microsoft Office、Microsoft Wordは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
  • ※Adobe、Adobe PDF、Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標または登録商標です。
  • ※FSS、SmartLogon、SmartCipher、SmartExec、SXAL、MBALは、株式会社ローレルインテリジェントシステムズの登録商標です。
  • ※この他、記載の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページ上部へ